技術力で世界に挑む。

 当社は、昭和15年に東京都墨田区にて個人創業し、戦災により現在の地へ疎開後、昭和27年に東京精密管株式会社として法人化いたしました。創業以来、精密鋼管メーカーとして、主に、ステンレス鋼、超合金鋼、チタン金属など、細径・薄肉管の製造に専念。より精密であること、より高品質であることを目指して不断の努力と研鑽を重ね、常に時代の要求に応える製品づくりに励んできました。現在、継目無鋼管、鏡面肌鋼管などに代表される当社製品は、国内外の多岐に渡る分野で利用され、世界の先端産業とされる、半導体産業、航空宇宙産業、ロボット産業、石油プラント産業、計測機器産業、自動車産業などで、当社製品の優秀さが証明されています。
 世界の産業構造が大きな転換期を迎え、製品に一段と高度化、多様化が求められている折、当社は長年の経験と技術、例えば、圧延工程と引抜工程を組み合わせた高度な技術などをフルに生かすことで、国際的にトップレベルの製品を開発、製造。常に時代に即応した製品が作り出せる体制を整えています。東京精密管は需要の拡大を目指し、さらに技術革新を押し進めることで、より進化する明日の技術を常に先取りしていきます。そしてお客様に満足していただける企業、やりがいを持って働ける企業として前進し続けます。

代表取締役社長 三木成道

代表取締役社長 三木成道

会社情報

 精密鋼管メーカーとして様々な産業に携わり、原子力発電所用特殊パイプやロケット用部品など最先端産業の厳しい規格に適合した製品開発を行い、世界トップレベルの技術を追い求め、時代のニーズと共に成長を続けてまいりました。
 その豊富な技術力で各産業に最適な仕様で製品を作り分け、ハイエンドなものからリーズナブルなものまで提供できる体制を整えています。各種加工をバランス良く組合せた高度な生産工程により、世界最高水準製品の製造を可能にするだけでなく、この技術を転用して内外面粗度や硬度をコントロールした製品や大径薄肉製品など様々な仕様の製品の作り分けを可能とし、お客様に最適な製品を提供しています。

 
 
 

完全受注生産の体制にて、ご要望に応じた製品を提供しております。圧延加工と引抜き加工の組み合わせにより、寸法精度、内外表面粗度、硬度、形状など様々なご要望にお応えします。少量多品種の製品も対応致します。

AP管

梨地肌製品

表面は白銀色の梨地肌
化学工業、石油工業、海洋プラント、電化製品、航空機など幅広い分野に使用されています。

BA管

鏡面肌製品

光輝を放つ平滑な表面
異物が付着しにくく流体の溜りが生じない為、半導体製造設備配管、食品関連、医療関連装置、原子力発電などに使用されています。

EP管

内面電解研磨製品

超平滑な鏡面肌
耐食性、平滑性に優れ、汚染や生菌増殖の原因となる凸凹がありません。高純度ガス配管、バイオ関連装置、ファインケミカル関連装置等に使用されています。

CR管

圧延加工製品

光輝を放つ平滑な鏡面肉薄パイプ
引抜機よりも更に寸法精度の高い製品、肉厚の薄い製品、チタン等の特殊鋼加工に優れています。ロケットや強度を必要とするシリンダー、装置内部品に使用されています。

異形管

   

ご相談ください。